ストレスチェック集団分析後の職場環境改善のすすめ

平成27年12月から従業員50人以上の事業場にはストレスチェックの実施が義務づけられました。
すでに2回目のストレスチェックが終わった頃かと思いますが、皆様の職場では集団分析後の職場環境改善の取組みはおこなっていますか。

職場環境改善の取組みはメンタルヘルス不調の未然防止につながると考えられています。
取組みを進めるにあたっては、社員一人一人が自分たちの職場をもっと働きやすくしようという合意形成をおこなうことが重要です。
進め方としては、グループワーク形式の研修や検討会など、社員が話し合う場を作り、すぐにできること、重要度の高いこと、低コストでできることを優先して改善策を検討します。
話し合いの際は、初めに自分たちの職場の良い点をいくつか挙げてから改善策を検討すると前向きな雰囲気で進められます。

職場環境改善グループワークの効果としては、参加メンバーの相互理解や、自らの問題と捉えて行う職場での改善活動の結果が仕事への意欲向上や生産性向上につながると考えられます。

MIRAI職場では職場環境改善に関するコンサルティングや研修等を承っております。
ご関心のある方はぜひお問い合わせください。
(送付先メールアドレス: info@miraishokuba.com)

2018年2月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 企画部